関東圏のドライブと気になるスポット散策

反則金3倍!スマホ「ながら」運転厳罰化へ!

法律で定められ、違反者に反則金が課されるとなっても、違反する人は違反を繰り返すものです。

Bluetoothなどハンズフリーがより簡単にできる環境にあっても、携帯電話のながら運転での違反者が増えていますね

たしかに早く済みそうな相手なら「ちょっとだけなら」と気軽に通話したくもなりますが・・・

 

しかし、携帯が原因とされる事故が減らないため、2019年12月より反則金や違反点数がこれまでより大幅に上がり、厳罰化へと進みます。

違反者と事故が減らないスマホながら運転

スマホ運転

 

2018年の 1年間で、運転しながらスマホなど携帯電話での通話や操作(ながら運転)をしていたことが原因とされる事故の件数は2,790件

1日当たり約 8件が、携帯電話が原因の事故が起きている計算。

携帯電話で通話や操作しながら警察に反則を切られた場合、反則金 6,000円の点数は 1点です。(2019年 9月現在)

しかし、ながら運転が無くならないどころか、近年増加しているながら運転を重く見て、2019年12月 1日よりながら運転が厳罰化に。

 

現行から反則金と点数が約 3倍にアップ!

ながら運転による事故の抑止力にと、2019年12月 1日より改正道路交通法が施行され、反則金と点数がこれまでの約 3倍となります。

ながら運転により、交通に危険が生じた場合は普通車では 6点と、一発免許停止となるより厳しい罰則に。

 

携帯電話の通話や操作などにより交通の危険を生じた場合

車両区分反則点数罰則
大型車6点 1年以下の懲役 または

30万円以下の罰金

普通車
自動二輪
原付

軽微な違反については反則金を納付することで、刑事責任を問われることから免れることとなります。

しかし、ながら運転で交通の危険が生じた場合は刑事罰の対象となる重いものです。

重大な交通違反での刑事罰は裁判所より後日呼び出しがかかり、裁判所にて罰金の金額など罰が決定します。

 

 

携帯電話の通話や操作などしながら運転(保持)

車両区分反則金反則点数罰則
大型車25,000円 3点 6か月以下の懲役 または

10万円以下の罰金

普通車18,000円
自動二輪15,000円
原付12,000円

ながら運転で違反を受けた場合は反則金を納付することになりますが、点数も 3点とやや重いものになっています。

 

反則金は支払うことで刑事罰を受ける事から免除となる免罪符のようなもの。

あまりにも危険な運転の罰則には反則金は適用されず、裁判所にて罰金刑や懲役刑が課されることになります。

 

免罪符・・・罪の許しを与えること。
もともとはキリスト教のカトリック教会が、教会への献金などを行った者に、罪を免除したり軽くしたりする証書を与えたことが語源。

 

交通違反=罰金は間違い 正しくは反則金

交通違反

 

よく交通違反で支払う反則金を罰金と言う方がいますが、正しくは反則金。

反則金は交通の軽微な違反に対し、課されるもの

対して罰金は刑事罰の 1つで、裁判所の判断を元に課されるのでより重い罰です。

 

刑事罰は重い順に 死刑、懲役、禁固、罰金、勾留、過料・没収 です。

しちょう きんばつこうか ぼつ と覚えた記憶があります。

 

赤切符は前科者に

交通違反でより重い違反には赤切符が切られますが、赤切符は罰の判断を裁判所にゆだねる刑事罰。

裁判所で言い渡される罰金は刑事罰の罰金刑なので、前科がつくことになります。

それくらい重いのが、携帯電話のながら運転により交通に危険が生じさせた場合です。

罪は影響の割合に応じて重くなりますが、交通に危険が生じる=社会への罪なので、より重い罰則となっています。

 

Bluetoothなどハンズフリーの利用を

スマホ運転

 

スマホやBluetoothの普及で、よりハンズフリーの通話が楽な環境へと変わりました。

ハンズフリーはイヤホンを片耳にだけ装着し、通話をするタイプがほとんどなので、外部の音もちゃんと受けとることができます。

 

さらにBluetoothを使えれば、車のスピーカーやマイクを使って完全にフリー状態での通話が可能に。

ただし、車のスピーカーから相手の声を出力するので、同乗者にも会話が全て聞かれてしまいます。

耳に装着するハンズフリーと、体はフリーになるけど通話が聞こえてしまうBluetoothはそれぞれ一長一短が。

 

ハンズフリー代に比べると反則金は割に合わない

普通車で携帯通話をしながら反則を切られると、2019年12月までは 6,000円、12月からは 18,000円の反則金になります。

ハンズフリーの環境を作るのに、反則金ほどの金額はかからないでしょう。

1回の反則で失うのは反則金のみならず、免許の点数や時間も失うことになることも

 

失うのは金額と点数、それから時間も

仮にこれまで違反なしでゴールド免許だった場合、免許更新時の時間も全く変わってきます。

優良者として30分の講習でよかったものが、違反者講習で 2時間となり無駄に時間も失うことに。

優良者は特定の警察署でも免許更新の手続きができるので、混雑する免許センターを避けて免許更新の手続きができる選択肢も生まれます。

 

私まっちゃ2世は過去 2回の免許更新をさかのぼると、いずれも警察署で行いました。

人も少なく、写真撮影などで待たされることもなくスムーズに終わります。

ただし警察署での免許更新では、新しい免許証は後日郵送での受け取りとなるので、注意が必要です。

 

優良者は警察署での免許証更新が可能。ただし、新しい免許証の受け取りは後日郵送にて。

 

反則者講習で次回免許更新期間も短縮

優良更新だと次の更新まで 5年ですが、違反者だと 3年になったり、

交通違反をすることで、免許更新の頻度も上がってしまいますね・・・

 

通話のために停車をすると別の反則になることも

 

車の運転中に電話がかかってきて、道路上で停車して通話するのは違反になることもあります。

また、歩道に乗り上げる形でも歩行者の通路の確保が取れていないとそれも違反。

 

通話のために停車し、違反を切られる可能性を避けるためにもハンズフリー環境は必須と言えます。

 

赤信号中も停車だけど携帯の操作は違反?→法律の解釈による

道路交通法の第71条 第五号の五には停車中をのぞき、携帯などを手に持って通話したり画面を見たりしないようにとあります。

 

道路交通法 第71条 第五号の五

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと

引用元:e-GOV 電子政府の総合窓口(総務省行政管理局が運営)

この条文を根拠に、運転中は携帯電話を手に持つ時点で法律違反となるわけです。

 

では赤信号で停車中は携帯電話を操作したりすると罪を問われるのか。

いい加減な事は書けないので、直接県警本部に尋ねましたがちょうど日曜で担当者の方が不在・・・

さらに翌日も祝日で不在!・・・ナンテコッタイ

 

確認が取れ次第、その内容を書きます。・・・

 

・・・後日談

 

警察に確認を取るも、質問をすることでさらに疑問が増える結果に。

判断をしないというのが公務員の特徴の一つですが、YesかNoかの一言で終わる質問なのに、明確な回答はいただけず終わりました。

1秒でできる返答に情報をどこかに公開するのか?とか、それを聞いて何に使うのか?など逆に質問攻めに。

 

「いい加減な情報を公開したくないから確認をし裏付けを取っています」と伝えても無駄でした。

現場の解釈次第、判断次第で違反にもなる可能性がある、と思っておいた方が安全です。

 

常にスマホを触る必要があるほど緊急を要することはほとんどないでしょう。

緊急性も低く、してもしなくても変わらないことに反則金を取られては無駄ですね。

 

マナーを守れない人はそのうち重大事故にも

交通事故を起こす人はよくその前触れとして、反則で止められキップを切られることが続いたりするとの声を聞きます。

事故を起こす人は頻繁に事故を起こしますが、起こさない人はキャリア(車を運転している期間)に関係なく起こしません。

 

事故はお互いがピッタリのタイミングで初めて起きます。

私は信号が赤に変わる際どいタイミングで交差点に進入するなどが続いたら、より注意力を上げて速度を落とすようにしたりしています。

何だか悪いリズムだなと思ったら、そのリズムを変えることで流れを変えるようにしてるのです。

そのタイミングをずらしなさいという知らせと受け止め、積極的に流れを変える意識をしながら運転をしています。

 

 

交通マナーや法律は自分を守る役割も果たすので、マナーを守らず好き勝手に運転をしている人はそのうち重大事故につながることも。

普段の意識が事故を引き寄せたりもするので、マナーを守り周ほかの交通と上手く調和しながら運転したいものですね。