関東圏のドライブと気になるスポット散策

神奈川県唯一の村 道の駅 清川の名物を食べ、有名な橋2か所をドライブに行こう!

今回は神奈川県にある唯一の村「清川村」にある道の駅清川で、地元名産品とこだわりのある良質な食事をして、

近辺の宮ケ瀬湖に架かる、神奈川橋100選に選ばれた有名な2つの橋を見にドライブしてきました。

それでは最初の目的地は道の駅清川の駐車場から見て行きましょう。

 

神奈川県にある唯一の村「清川村」

 

 

簡単にですが、Go-Pro 8の画質4kで店内と食堂を動画撮影しましたのでどうぞ。

神奈川県 唯一の村にある 道の駅清川はどんなとこ?

始めは駐車場から見て行きましょう!
第2駐車場 普通車6台 障害者1台 大型1台
最初に第2駐車場が見えてきますが、8台で満車になるので通り越し、広い第1駐車場へ。
営業時間10:00~18:00 お食事処 10:00~(ラストオーダー17:00)
24時間利用可能 トイレ、駐車場
電話番号 070-1316-9184休館日 1月1日~1月3日
第二駐車場を通り越すと、ここは入り口ではないので50m先で右折しましょう
第1駐車場 普通車70台 自転車10台 大型1台
東京方面から来ると右側に第二駐車場、古民家風の売店、第一駐車場の順になっており、看板超えて右折したら、すぐ右折で駐車場に入ります。平日も交通量多めで対向車と歩行者に注意しましょう。

駐車場は無料 駐車場内の白線は薄くて見えずらいので右折したらすぐ左側へ進むようにしましょう。

道の駅 清川売店入り口の天井に吊るされてるものは何?

 

売店入り口天井にハチの巣の様なもが吊るされてますすが、これはただの飾り物ではなく、ある物の時期をお知らせしてくれるとっても役立つのです。

 

 

杉玉の由来などの詳しくはこちらからどうぞ。

 

 

杉玉はおおむね2月~3月に飾られ始めます。この時期と言えば新酒の季節。つまり、杉玉には「今年も新酒ができましたよ!」という目印なのです。

しかし、最初の内の杉玉は茶色ではなく本来の緑色をしています。そして季節が過ぎ夏頃には緑が薄くなり、秋ごろには枯れて茶色くなります。茶色のイメージが強いかもしれませんが、実は杉玉の色から旬の日本酒が何なのかを知ることができるのです。

緑色(2月~6月ごろ)は新酒の季節、薄い緑(初夏~夏ごろ)は夏酒、枯れた茶色(秋ごろ)はひやおろしの季節というように、日本酒造りの時期と杉玉の色は同調しているといえます。季節の移り変わりとともに変化していく杉玉の色を見て、日本酒の熟成度合いの変化にも気づく、というのはなんとも風情がありますね。

 

道の駅清川の自慢品は何か?

地元農家から毎朝旬の野菜、果物が届けられていますので、農家さんのこだわった味を体験してください。

お茶、はちみつ、酒などが、道の駅清川の名産品です。

サンドイッチマンのサインがあるすぐ横に2階に行ける階段は嬉しいことに昇降機が設置されてますので足の不自由な方も気楽に食事が出来ます。

2階にはと休憩室と、工芸品売り場、恵水(めぐみ)キッチンが有ります。

2F 清川惠水ポーク 恵水(めぐみ)キッチンとは

メニュー見ての通り、豚丼がお薦めのようだ。こちらで食べれる豚丼は清川惠水ポークと名前で、清川村唯一の養豚場「山口養豚場で」育ったブランド豚なのです。

清川に来たなら当店で大人気の清川惠水ポークを食べておきたい。

 

購入方法は、食券を買い、番号札を貰って呼ばれたら受付まで自分で取に行く基本セルフサービスです。

座っているだけでは事が進みませんので注意。

 

グラス使用を中止して紙コップを使用することで衛生面に気を使っていますね。

水もやっぱりセルフサービスですぞ。

3蜜を防ぐ為に団体席は無く2人席がいくつかあり、ゆとりある空間を確保できるのと、

また小さいお子様向けの椅子も用意されてますので安心。

あっさりしてて食べやすく、豚ロースとバラ肉のセットはご飯が見なくなるほどぎっしり盛り付けされて、並みでは物足りない感じでしたよ。

 

食後も自分で返却口に持って行くようになってます

 

神奈川で有名なやまびこ大橋とは

神奈川県愛甲郡清川村の、神奈川県道64号伊勢原津久井線の途中にある宮ケ瀬湖に架かっている橋。

 

 

せっかく、やまびこ大橋に到着したのなら、歩道から見える宮ケ瀬湖を背景にして記念撮影したくなると思いますが、

橋には駐車場は有りませんので危険な路上駐車をしないようにお願いします。

下り坂の長い直線に見えますが1つ目の信号の場所はT字路です。

 

神奈川の橋100に選ばれてるやまびこ大橋は、「宮ケ瀬大橋」 「宮ケ瀬やまびこ大橋」とも呼ばれ、観光スポットになっている。

また、事故多発の魔のT字路と呼ばれ、死亡事故も起きている。

事故の多くは、夜間で信号の先も直線に見えて気付いたら突っ込んでしまうらしいです。

こんな見通しの良い場所で事故多発することから、やまびこ大橋は心霊スポットになってしまったのだろう…

神奈川で有名な虹の大橋とは

神奈川の橋100選に選ばれている虹の大橋から見える宮ケ瀬湖は絶景で、早朝は鳥のさえずりも聞けて癒されます。

しかし残念な事に、車の事故は少ないのですが、橋から飛び降り自殺の多発地域で、全国的に有名な心霊スポットになってしまいました。

虹の大橋に行くには、やまびこ大橋通過して、道なりまっすぐに進み宮ケ瀬湖畔から約5分で到着します。

虹の大橋は駐車場有りますので、橋を渡り宮ケ瀬湖を眺める事が出来ます。

 

周辺に横断歩道がなく、非常にスピード出やすい道路で、車やバイクにひかれないよう、細心の注意が必要です。

 

 

この場所から下を眺めると、野生の鹿が見れる時があります。

 

 

過去には集団自殺もあったようですね…昼間は絶景ですが夜には心霊現象もあり、写真にオーブが写る可能性が高いとか…

 

虹の大橋の早朝は幻想的

早朝の虹の大橋を撮影した動画も用意してますので宜しかったらご視聴下さい。

 

 

今回は曇り一時雨のイマイチの天気でしたが、次回は晴天の早朝風景と、宮ケ瀬ダムや、宮ケ瀬湖畔、公園など

詳しく調べて更新していきますので、今後もよろしくお願いいたします。

ここまで読んでくれた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

今回はGoPro 8とドラレコ、ホームビデをの3種類でで撮影したものです。

 

Go-Pro本体購入をお考えの方は近くの量販店で保証がしっかりついている正規品の購入をお薦めします。

アクセサリーは通販で問題ないかと思います。

アマゾンと楽天のバナー用意してますので、値段とか気になるかたはこちらからどうぞ。